スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高知競馬場で生観戦





昨年のゴールデンウィークに高知競馬場へ行ったので、今日はその時のことを書きたいと思います。

そもそも高知競馬に行くきっかけとなったのは、

週刊プレイボーイに連載中の太陽のマキバオーという競馬マンガ。

高知競馬で活躍するヒノデマキバオーがJRAの強豪と戦い、

果てには海外挑戦までしてしまうという壮大なストーリーです。

たいようのマキバオー 1 (プレイボーイコミックス)




この漫画の主人公ヒノデマキバオーは、みどりのマキバオーの主人公ミドリマキバオーの甥にあたるようですが、

かなりそっくりなので、見分けがつきません。

週刊プレイボーイはキン肉マン2世といい、人気漫画の続編を使うのが多いですね(笑)

みどりのマキバオー 1 (集英社文庫―コミック版)




少し話がそれましたね。

高知競馬場ですが、1周1100mの小回りダートコースのみで、非常にこじんまりとした競馬場です。

ただし、土日のナイター競馬を開催しており、インターネット投票がなかなか好調のようです。

IMG_7961.jpg

私が高知競馬場で一番驚いたのはパドックです。

普段、中央競馬のパドックを見ている私としてはカルチャーショック以外の何物でもありませんでした。

なんと馬名と馬体重、斤量がチョークで手書きしてあるのです。

騎手名はパネルになっていますが、毎回書き換えるのは大変でしょう。

書き換えはレース中に行われているようで、見る機会がありませんでしたが、非常に気になるところです(笑)
IMG_7962.jpg

パドックには高知のアイドル別府騎手の横断幕や、

2chで「世界の倉兼」と言われる倉兼騎手の横断幕がありました。

こういうのは中央競馬と同じですね。

IMG_7964.jpg

IMG_7965.jpg

高知競馬場と言えば赤岡修次騎手ですね。

全国リーディングにも名を連ねています。

彼が中央競馬に遠征するときはどんなに人気薄でも必ず買い目に入れるようにしています。

それくらい上手なのです。

この日も4勝くらいしていましたね。

IMG_7982.jpg

高知競馬場のほかに、高知城や桂浜、アンパンマンミュージアム、龍河洞などへ行ったのでその時の様子は

おいおい書いていこうと思います。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

店長

Author:店長

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
おすすめ商品
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。