スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「私はゲゲゲ 神秘家水木しげる伝」を読んでみた感想

鳥取県境港市出身の私は水木しげる先生の事を尊敬しており、小学校の図書室や市民図書館で

水木先生の漫画や本をよく読んだものです。

太平洋戦争の話は総員玉砕せよコミック昭和史で勉強したようなものです。

水木氏は自らの戦争体験をもとにして当時の日本軍の様子や、いわゆる従軍慰安婦の様子などを描いており、

歴史的にも貴重な漫画だと思います。

また、戦争のさなかにありながらの現地人との交流は、自らを妖怪の仲間と称する水木先生ならではの

エピソードであり、水木カラーが出ているなぁと感心したところです。

私はゲゲゲ 神秘家水木しげる伝 (角川文庫)



そんな水木先生の作品の自叙伝として有名なのが私はゲゲゲ 神秘家 水木しげる伝です。

生まれてから旭日小綬章を受賞し、水木しげるロード・水木しげる記念館ができるまでの人生をマンガで振り返る

自叙伝で、非常に読みやすい作品となっております。

幼少のころの、のんのんばあをのエピソードや、ガキ大将として町を牛耳っていたエピソード、

戦争中の不思議な体験や、漫画家として活躍する前の激貧生活、漫画家として名前が知れ渡り、

ようやく余裕が出てきたのに、忙しすぎて大変という波乱万丈な人生を水木タッチでおもしろおかしく、

独自の世界観で描いております。

ぜひお手にとって読んでいただきたい本です。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

店長

Author:店長

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
おすすめ商品
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。