スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

島根原発が爆発し放射能漏れが起きれば鳥取は壊滅?

参議院選挙が公示され、各党の選挙演説などが至る所で聞かれるようになりました。

自民党が圧勝し、ねじれ解消となる・・・というのが大方の見方ですが、果たしてどうなるやら。

その自民党は安全基準を満たした原発については、随時運転再開を語っておりますが、

そうなると島根県松江市の島根原発も再稼働することになるでしょう。

島根原発は1974年3月より運転しており、来年で40年を迎えます。

当初の設計では40年が耐用年数ということだったようですが、このままではしばらくは40年を過ぎた状態での

運転を余儀なくされることでしょう。

島根原発1号機はあの福島第一原発と同じ型らしく、地震などの災害が起きれば福島の惨事を繰り返すことも

考えられます。

そうなると西風に乗って鳥取県にも放射能汚染が広がり、鳥取県には人が住めなくなってしまうかもしれません。

アベノミクスで景気が良くなるのはいいですが、それによってふるさとの自然が失われ、帰る土地がなくなって

しまうようなことにだけはしてほしくないです。

選挙に行くときはそのことも少しだけ頭に入れて投票するようにしましょう。




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

店長

Author:店長

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
おすすめ商品
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。