スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳥取と米子は仲が悪い? 

鳥取と米子は仲が悪い?

鳥取県民以外にはまったく関心のない話題ですが、鳥取県民にとっては大きな話題です。

鳥取は県庁があるから都会とか、米子はタカシマヤがあるから都会だとか、

鳥取道よりも米子道の方が先にできたとかくだらないことでよく対立します。

こんなことになったのもさかのぼること明治時代の廃藩置県の頃の話と言われています。

伯耆と因幡・・・もともと別の藩だった二つが合体して鳥取県となったため、気質が全く違う人間が

一緒の県になってしまったことが原因だそうです。

一般に伯耆(つまり米子周辺)は商人気質が多く、開放的。

因幡は(つまり鳥取周辺)誠実だが、地味で内向的なタイプが多い。

そんな二つが一緒になったもんだから・・・仲が良くなるわけがなく、現在に至るというわけなのです。

東西に100キロほどあるので米子の人間は鳥取砂丘にはそう何度も行きませんし、

鳥取の人間は米子の事は何にも知りません。

そんな不思議な県が鳥取県なのです。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

店長

Author:店長

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
おすすめ商品
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。