スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キズナを育てた大山ヒルズの見学はできるのか!?

2013年5月26日、東京競馬場で行われた日本ダービー。

優勝したのは武豊騎手騎乗で一番人気におされたキズナでした。

東日本大震災以後、この「キズナ」という言葉が何度も聞かれましたが、競馬の世界でも

「キズナ」という言葉が何度も聞かれるとは思いもよりませんでした。

そのキズナですが、ノースヒルズマネジメント所属のため、放牧中は鳥取県の大山ヒルズに

滞在しているそうです。

鳥取県の大山ヒルズは、ノースヒルズマネジメントグループの馬の放牧先として開設され、

ローブデコルテやロジック、トランセンドといったG1馬も滞在したことのある施設です。

普段は一般の方は中に入ることはできませんが、年に数回だけ入るチャンスがあるそうです。

ひとつは伯耆町役場を通じて申し込む見学会です。

こちらは主に地域住民向けのため、遠方からの見学はおそらく不可能と思われます。

もうひとつ、遠方からでも大丈夫そうなのが、ローズガーデンの一般公開日です。

抽選となるそうですが、抽選さえ通れば大山ヒルズ内のローズガーデンに入れるようです。

馬に触ったりといったことはできませんが、調教中の馬を眺めたりすることはできるかもしれません。

競馬番長のぶっちゃけ話 [ 藤田伸二 ]



大山ヒルズは西日本最大のペンション村である大山ペンション村のすぐそばにあります。

ペンションに泊まれば、大山ヒルズから馬のいななきが聞こえてくることもあるようです。

夏の避暑にも最高な大山でこの夏を過ごしてみたいですね。

大山ヒルズはこちら↓
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

店長

Author:店長

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
おすすめ商品
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。