スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳥取 がぶりこすいかのおいしい切り方を紹介した動画が人気

鳥取県のすいかは結構有名です。

琴浦町や倉吉市など中部で特に生産が盛んですね。

最近は「ドバイの太陽」や「東伯がぶりこ」などというブランドすいかを作ってアピールしているようです。

そんななか、youtubeのとっとりちゃんねるで興味深い動画を見つけました!

なんとおいしいすいかの切り方!

さっそくご覧ください!




普通に切ればいいってもんじゃなかったんですね!

なかなか興味深く、そしてさっそく試してみたくなる動画でした!

鳥取県産 特大 ジャンボ すいか 1玉 11kg 以上 [訳あり]

新品価格
¥2,780から
(2013/7/25 14:00時点)



スポンサーサイト

「鬼太郎の地獄めぐり」を読んだ感想

昨日は「鬼太郎の地獄めぐり」を読みました。

のんのんばあに連れられてみたという鳥取県境港市の正福寺にあった地獄絵図に強い影響を受けた

水木しげる氏が「地獄を征服してみたかった」との思いから書き上げた作品が収録されています。

地獄と言う考え方は仏教の考え方なのですが、地獄とはどういうものなのかを鬼太郎とねずみ男が

漫画でわかりやすく伝えてくれる作品となっています。

また、輪廻転生と呼ばれる生まれ変わりの物語や、三途の川の描写など、死というものに対する水木先生の

思い入れの深さを知ることもできました。

一番印象的だった話は、「死人列車」です。

自殺してしまった小学生が死人列車に乗ってあの世にいくのだが、鬼太郎に再生リングを持たされ、上り列車に

乗ると、産婦人科のベッドの上に到着するという話です。

輪廻転生と言う生まれ変わりの概念をうまく表現したストーリーとなっております。

また、おもしろいことに、この漫画にはねずみ男の故郷が登場し、ねずみ男が父母との再会を果たすという

シーンもあります。ねずみ男の本名も明らかになる漫画なのでぜひ読んでみてください。

鬼太郎の地獄めぐり (角川文庫―水木しげるコレクション)

新品価格
¥660から
(2013/7/25 13:18時点)



「私はゲゲゲ 神秘家水木しげる伝」を読んでみた感想

鳥取県境港市出身の私は水木しげる先生の事を尊敬しており、小学校の図書室や市民図書館で

水木先生の漫画や本をよく読んだものです。

太平洋戦争の話は総員玉砕せよコミック昭和史で勉強したようなものです。

水木氏は自らの戦争体験をもとにして当時の日本軍の様子や、いわゆる従軍慰安婦の様子などを描いており、

歴史的にも貴重な漫画だと思います。

また、戦争のさなかにありながらの現地人との交流は、自らを妖怪の仲間と称する水木先生ならではの

エピソードであり、水木カラーが出ているなぁと感心したところです。

私はゲゲゲ 神秘家水木しげる伝 (角川文庫)



そんな水木先生の作品の自叙伝として有名なのが私はゲゲゲ 神秘家 水木しげる伝です。

生まれてから旭日小綬章を受賞し、水木しげるロード・水木しげる記念館ができるまでの人生をマンガで振り返る

自叙伝で、非常に読みやすい作品となっております。

幼少のころの、のんのんばあをのエピソードや、ガキ大将として町を牛耳っていたエピソード、

戦争中の不思議な体験や、漫画家として活躍する前の激貧生活、漫画家として名前が知れ渡り、

ようやく余裕が出てきたのに、忙しすぎて大変という波乱万丈な人生を水木タッチでおもしろおかしく、

独自の世界観で描いております。

ぜひお手にとって読んでいただきたい本です。

水木しげるロードの妖怪たち 鬼太郎・すっぽんの幽霊・小豆あらい・お歯黒べったり・かみきり

~鬼太郎~

ご存じ鬼太郎です。

幽霊族の唯一の末裔であり、目玉おやじの息子。

鬼太郎が片目なのは、墓場で生まれてきてすぐに発見した人間に投げられた時に墓石に目をぶつけたためである。

正義感が強く毛針やリモコン下駄などで悪い妖怪を懲らしめたりしている。

鬼太郎は水木しげる氏が考案したオリジナルの妖怪。

DSCF0606.jpg

妖怪のまち境港 公式ガイドブック (ブルーガイド)



~すっぽんの幽霊~

地味なため、素通りされかねないブロンズ像。

すっぽんの幽霊についてコメントを書いているブログはほとんどないはず(笑)

今では高級食材となったすっぽんであるが、江戸時代頃までは普通の食材だったようで、

街に行けばすっぽん料理屋が結構あったらしい。

すっぽん大好きな男が、いつものようにすっぽん料理屋に行くと、亭主がすっぽんのような顔になってしまって

いたという話。

それ以来、すっぽんが大好きだった男もすっぽんが食べられなくなったという。

・・・すっぽん料理屋ということはすっぽんを多く殺していたため、すっぽんに祟られてしまったというような

解釈でしょうか。現代人は肉や魚など多くの生き物を殺していますから、祟られることも昔より多そうです。




水木しげる妖怪大百科

新品価格
¥1,050から
(2013/7/23 13:13時点)



~小豆あらい~

結構有名な妖怪。

川で小豆をショキショキと洗っているが、地方によっては人を食べたり、川に落としたりすることもあるという。

江戸時代の絵本百物語にも描かれており、古くから有名だったようである。

イタチやキツネが化けたものという説もある。

DSCF0610.jpg


水木しげる妖怪フィギュア 大百怪 怪帰録 カラー9種セット



~お歯黒べったり~

江戸時代、既婚女性が化粧の一種として歯を黒くするお歯黒を行っていた。

お歯黒べったりは、眼・鼻がないのっぺらぼうで、口だけあり、お歯黒をべったりと塗っている妖怪。

基本的には人を驚かすだけで、それ以上、人間に危害を加えるようなことはない。

江戸時代の小豆あらいと同様、絵本百物語にも描かれており、昔から有名な妖怪であった。

キツネやタヌキが化けたものと言う説もある。

DSCF0611.jpg

~かみきり~

どこからか突然現れては、人間の頭髪を切ってしまうという妖怪。

江戸時代に被害が多発したらしく、愉快犯による犯行が妖怪の仕業とされたのかもしれない。

江戸時代、男女ともに髪を結うのが当たり前だったため、髪を切られてしまうと、髪が結えなくなることから

異常に恐れられたが、明治以降髪を結わなくなってきたころから、かみきりへの恐怖心はなくなっていった。

DSCF0612.jpg

名探偵コナン列車でマンガ王国鳥取を実感!

名探偵コナン、YAIBAなどで知られる青山剛昌氏の故郷である鳥取県にはコナン列車と呼ばれる

ラッピングトレインが走っています。

DSC_0096.jpg

黄色を基調としたカラーリングでいろんなところにコナンや蘭などが描かれています。

DSC_0101.jpg

DSC_0098.jpg

写真は昨年米子駅にて撮影したもののため、2012年国際マンガサミット鳥取大会と書かれていますが、

2013年の現在はどうなっているのでしょうか。

ちなみに中は普通のとっとりライナーです。

コナンのコの字もありませんでしたので、写真は割愛させていただきます。

DSC_0097.jpg

ところどころに蘭の姿もあります。

抱きかかえられて照れているコナン・・・

DSC_0107.jpg

蘭の水着姿でも見て、エロい妄想でもしているのでしょうか?

顔が赤くなっております(笑)

DSC_0100.jpg

コナン列車は山陰本線の鳥取-出雲市間を不定期運航しておりますので以下のサイトで

運行予定をご確認ください。

3往復する日もあれば、まったく走らない日もあり、

また、出雲市-鳥取間を走る日もあれば、倉吉-鳥取間しか走らない日もありますのでご注意ください。


コナン列車運行情報はこちらから

名探偵コナン 80 (少年サンデーコミックス)

新品価格
¥440から
(2013/7/23 10:02時点)




ブログランキング参加中!

ワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

つくばの洋菓子店コートダジュールのはんじゅくちーず!

日曜日に行ったイオンつくばの中にコートダジュールという洋菓子屋さんがありまして、

そこの人気商品である「はんじゅくちーず」を買ってきました。

つくばにはおしゃれな洋菓子店がけっこうあるのですが、多くの人がナンバーワンにおすすめするのが、

コートダジュールの商品です。

DSC_2033.jpg

2個入りから24個入りまで売ってましたが、一人なので5個入りにしました。

5個で600円なので1個あたり120円ですね。

持ち帰り時間を聞かれたので、30分ほどと答えると保冷剤をひとつサービスでつけてくれました。

こういう気配りもうれしいですね。

DSC_2035.jpg

箱を開けるとひとつひとつ個別包装されているはんじゅくちーずが入っています。

DSC_2036.jpg

玉子くらいの大きさでしょうか、口に入れるととろけていきます。

ものすごくふわふわのチーズケーキといった感じです。

口いっぱいに広がるチーズの香りと甘みがたまりませんでした。

しかし、函館のお土産として有名なペイストリースナッフルズと似ているなという印象もありました。

ペイストリースナッフルズは北海道に行った際には買うようにしていたのですが、つくばで似たような

商品が買えるのであれば、これからはじゃがポックルを多く買って帰るようにしようと思いました。




コートダジュールのホームページはこちら

イオンつくばで筑波ちゃんぽんを食べた感想

日曜日、とくに予定が無かったのでイオンつくばに行ってきました。

夕方に行ったので駐車場の混雑も無くスムーズに駐車。

イオンつくばは今年の4月にオープンしたばかりで、まだ内装なども新しく多くの人が訪れていました。

茨城初出店のH&Mを見たりしましたが、特に買い物もせず、おなかが空いてきたので3階のフードコートへ。

前から気になっていたリンガーハットの新形態店舗「筑波ちゃんぽん by リンガーハット」へ行ってみました。

筑波ちゃんぽん

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

看板にはでっかく筑波ちゃんぽんと書いてありますが、黄色で書かれており、リンガーハットの系列であることが

すぐにわかりました。

夏限定の夏とく冷やし麺も気になりましたが、ここはやはり筑波ちゃんぽん(550円)を注文。

筑波ちゃんぽんはイオンつくば店限定のちゃんぽんで、313キロカロリーと超ヘルシーなのが特徴です。

低カロリーの秘密は、豆乳仕立てのスープとちぢれ春雨。

つくばちゃんぽん

普通のちゃんぽんと比べて、スープの白味が強いのがわかると思います。

豚肉と茶色いかまぼこは入っておりませんが、エビとプチトマトが入っており、女性向けのように

思いました。

麺の下にはちぢれた春雨が入っており、ボリュームは通常のちゃんぽんと変わりません。

スープは豆乳仕立てのため、薄いのかなという意識がありましたが、食べてみたら通常のちゃんぽんと

あまり変わりなく、スープまでおいしく食べられました。

ただ、食後に、連れの食べていた普通のちゃんぽんのスープと飲み比べると、少しあっさりしていました。

ただし、飲み比べないと違いはあまりわからないように思います。

筑波ちゃんぽんが食べられるのはイオンつくばだけなので近くに来た際はぜひお試しあれ!




プロフィール

店長

Author:店長

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
おすすめ商品
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。